ラジオ波の意味と美容における効果

ラジオ波の意味は、高周波とも呼ばれ、電磁波の一種でレントゲンの撮影などに用いられるエックス線や電話、テレビ、ラジオに使われる電波は電磁波です。エステなので使われるラジオ波は、高周波の波をあてることで、脂肪の内部にまで届いて脂肪分子を振動させます。振動された分子同士は摩擦し合って、熱を発します。熱を発すると肌の深部が温められて、からだがあたためられることで血行がよくなったり代謝が上がったりします。代謝が促進されることは、しみやくすみ、むくみに対して効果を発揮し女性に多い冷え性にも効果があります。また、ラジオ波は皮膚の奥深くにある真皮にまで到達して、コラーゲンに熱損傷を与えます。加齢や肌トラブルによって減少しているコラーゲンの生成が熱損傷によって促されると、肌のたるみに改善の効果が期待できます。その他にも、摩擦で熱を発生させることから、脂肪を溶かす効果が期待できるので脂肪を排出しやすくなります。代謝が上がることでダイエットにも効果的だと考えられます。
ラジオ波は、効果がすぐに実感できることでも知られています。個人差はありますが、人によってはたった1回の性術でも効果を実感する方もいるようです。その為、忙しい方でも通うペースが少なくて済むので通いやすいです。ラジオ波は、肌の深部にまで効果が届きますが、痛みを伴うことなく、発熱によって気持ちよさをかじる方もいるほどです。また、体を深部から温めることで冷え性やむくみの改善をすることから体質改善への期待もできます。ラジオ波エステ価格についてもあらかじめ調べておくと良いでしょう。