サラ金会社等の貸金業者

サラ金会社等、貸金業者から融資をうけるとき、大切なことは借入額と返済額を正確に把握しておくことです。まず、お金の貸し借りについて色んな法律や規約があります。金銭消費貸借契約と言うものがあります。これは法律上、金銭の貸し借りのことです。成立要件や責任について原則的に定められています。民法で定められているものです

民法とは人と人との間に生じる問題にルールを定められている法律です。金銭の貸し借りを行う際は返済できなかったときのために抵当権や保証人をつけたりしますが、その担保の種類や内容についても民法の規定があります。保証契約とは債務が返済されないときに債権者が保証人に保証債務を請求し債権の回収を実現するものです

抵当権とは貸金などの債権を担保とするため債務者の土地、建物に設定される権利の事です。債務を返済しない時は抵当権者は抵当権設定者の土地、建物を競売しその代金から債権回収します。契約を結ぶときは念書や借用証書、金銭消費貸借契約書などの書類作成をします。消費貸借契約と言いますが、金銭を借りて、借りたものそのものではなく、これと同種、同量のものを返すと言う契約の事です。

このように、サラ金金利に限らず、金銭の貸し借りには色々な法律や規約があります。信用をお金で買うといっても良いかもしれません。申し込みをしてから融資を受けたら返済は重要な要素ですので、確実に返済することです。返済日の確認や返済額の準備など余裕をもってすることです。その時々の返済日の領収書は大切に保管しておきます。